• 子育て談義・できなかったことを育児(子ども)のせいにしない

    Posted on 2012/8/27 by in 子育て談義

    信念を持ってストイックに生きる新米パパと家族1番かつウキウキとした人生を歩みたい新米ママ。

    *ある日の新米パパとママの子育て談義************************

    ○○(息子)が産まれてから、1日の大半は○○(息子)に関わることになるよな。
    でも、○○(息子)が大きくなったときに、「育児と家事でいろんなことあきらめてきた」とか「あんた(息子)にどれだけの時間を割いてきたと思ってるの」とか絶対に言いたくない。
    もし自分の親に「あんたを育てるのに必死で、自分の時間なんて取れなかったわ。あれやこれやしたかったのに」って言われたら、「私のせいにするくらいやったら、もっと私のこと放っておいて好きな事して人生楽しんでくれてたらよかったやんっ!」って思うやん。

    できなかったことを“子どものせい”にすることだけは、絶対やめよう。

    でも実際に自分の時間を取ることって難しいよなぁ・・・

    今は色んな制度があるやん!それらを利用することは悪い事じゃないと思うよ。
    働きたかったら子どもを預けられるし、結婚記念日に夫婦で食事に行きたいんやったら頼れる親がいるなら預けたり一時保育にしてもいいと思う。
    でも、できるだけ家事の時間を減らす努力は必要かも。文明の利器を使って、食洗機・自動お掃除ロボ・乾燥機付洗濯機・食材のネットショップとかどんどん利用したらいい。
    減らした“家事の時間”をもっと“価値のある時間”に変えられたらいいと思わない?家事の時間を減らしたら、その分子どもと遊んであげてもいいし、自分の時間にしてもいい。
    親が自分の時間を持つことによって、親の心に余裕ができて、子どもに穏やかに接してあげられたらいいと思うし、親がいきいきと輝いてたら子どもにもいい影響なんじゃないかなぁ。

    もちろん、子どもに十分に時間をかけてあげたいって一生懸命になることもいいことやと思うよ。それで子どもを“世の中に価値を生み出せる人”に育て上げられたら、それもすごいことやん。

    できなかったことを育児(子ども)のせいにしない!これだけは約束しよう。

    *******************************************
    子どもに聞かせたくないできなかった話
    「資格を取って働きに行くつもりだったのに、家事育児に時間を取られて資格の勉強ができなかった。」
    「貯金がある程度貯まったら、早期退職して、悠々自適な外国暮らしをしたかったのに、思いもよらぬ子どもの学費でそれどころではなくなってしまった。」
    「ヨガやネイルサロンに行って、いつも綺麗でいたかったのに、そんな時間ありゃしない。」・・・

    Similar Posts:

      None Found