• 右上の何かに勝てないお母さん

    Posted on 2012/8/18 by in 思わず笑えるププププ育児

    生後2ヶ月。
    最近よく笑うようになった息子の笑顔が見たくって、横抱きしながら、息子に猛烈アタック!

    お歌攻撃!!
    優しい声と表情で、「さいたさいた」。

    ー息子は右上を見てお目目ランラン♪

    ならばと、
    アップテンポで抑揚をつけて楽しげに、「犬のおまわりさん」。

    ー息子は手をバタバタさせて右上を凝視。

    であるならばと、
    ちゅきちゅき攻撃!!
    お顔を近づけて、チュチュチュチュのジェスチャー。

    ー息子は大きく体を仰け反らして、右上に向かって「クゥー」と笑顔を見せた。

    ・・・右上に何があるっていうの?(´Д` )

     

    ◆赤ちゃんの微笑みについてのウンチク

    赤ちゃんは生後1ヶ月頃から眠りながらニヤ〜っとしてみたり、平然とした顔からフッと笑ったような表情を見せることがありますが、これは意識的にしているものではないと言われています。

    この頃の微笑みは“生理的微笑”と言われています。可愛がってもらうための、本能的な微笑みです。

    大切なのは、この期間に赤ちゃんに「笑顔って使えるな。ふふふっ」と思わせることです。この表情をすると、かまってもらえる、優しくしてもらえる・・・そうしたやりとりの中で、赤ちゃんの脳は学習して、笑顔の多い表情豊かな子が育つようです。

     

    Similar Posts:

      None Found